So-net無料ブログ作成

'17 4~5月読書記録 [2017読書]

 一年前の読書記録って、なんやねん!て、感じですが、ごめんなさい。
 
 最近、いろいろと忙しいです。父の事もあるけど、とうとう母の「レビー」も発動してきた感じです。
私の精神がまいってしまいそうです。でも、なんとか踏ん張ってます。

では、読書記録です。

4月

 ・天才           石原慎太郎

 ♡真夜中の炎      リサ・マリー・ライス

 ・竹宮惠子 カレイドスコープ

 計3冊

5月

 ・ビブリア古書堂の事件帖⑦
 栞子さんと果てない舞台 三上 延

 ・下衆の極み      林 真理子

 計2冊      累計11冊


 4月に読んだ「天才」は田中角栄についての本ですが、ブームになるのは解る気がする。
行動力溢れる男って、素敵に見える。又、それが「国会議員」ともなると、「おらが村の先生は、頼もしい」って事になるもんね。
 だけど、総理時代も、田中角栄ってあんなに持ち上げられていたのに、「ロッキード事件」が起こると手のひら返し、ねっ、子分のように引っ付いて選挙の時は、お金をもらっていた議員もいたはずなのに、蟻の子散らすように、どっか行っちゃうんだからこわいよね~っ。

今は、何かあるとすぐに批判されちゃうから、昔の様な豪快で、個性的な国会議員っていないね。皆、小粒な感じがする。だから、口だけ大将の様な「小泉進次郎」議員が次の総理になんて声が、出てくるんだろうね。


タグ:読書
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。