So-net無料ブログ作成

'11 12月の読書 [2011読書]

 とうとう12月でやって来ました。ふ~っ

 ではでは、

  魔女の目覚め 上下       デボラ・ハークネス
  
  fallen フォールン  上下       ローレン・ケイト

 ♡囚われの愛ゆえに        アナ・キャンベル

  あつあつを召し上がれ     小川 糸


 計6冊     2011年度総数 73冊

 
ふ~っ、目標冊数までは到達出来ませんでしたが、2011年も結構読んだなぁ~

 ↑自画自賛[本]

 今年(2012年)も、好い本読むぞ~[手(グー)]

 さて、12月読んだ本はどれも良かったです。

まず、小川糸さんはいつも良い作品を書かれます。はずれが無いです。私が読んできた本は!
これは7つの短編からなる本ですが、どれも“食”が絡んできます。
私は、中でも"親父のぶたばら飯”と、“こーちゃんのおみそ汁”がおススメです。
特に、“こーちゃんの…”は泣けました。電車で読んでて、ちょっと恥ずかしかったもん。
 

 又、「魔女の目覚め」もおススメ。これは、大人が読んで十二分に楽しめる作品です。
この本の帯には、"トワイライト"を彷彿させる…なんちゃらみたいな宣伝文句が載っています。
 が~っ、そんなものでは無い[どんっ(衝撃)]

 いやいや、「トワイライト」も良かったよ!私は全巻、持っていますから。でも、「トワイライト」をティーンが読むものと決めつけている方からすると、「魔女の…」の帯の宣伝文句を読んで、

「じゃ~、読むの止めとこ」ってなる人もいるかも?でも、読んで欲しい。
これは、一気に読めます。全体で3部作になるらしいのですが、早く、早く続きが読みたい。

 そう思わせる作品です。 いや~、久しぶりに熱くなったぜ[あせあせ(飛び散る汗)]
タグ:読書
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0