So-net無料ブログ作成

半沢直樹 [本]

 ドラマの「半沢直樹」ではなく、本、小説のほうです[本]

 会社の先輩で読書好きの女性がみえるんです[ぴかぴか(新しい)]

 その方から、池井戸潤氏(岐阜県の誇りです)の「ロスジェネの逆襲」をお借りし読みました。
 もう一言です。「面白かった~」[わーい(嬉しい顔)]

 先輩ありがとうございます。読んでよかったわ~。もちろん、半沢直樹は「堺 雅人」さんを思い浮かべながらよんでしまいましたが……(笑)
 これ絶対、ドラマもしくは映画になると思いますが、いや早く見たい。

 正直、ドラマは所々でちゃんとは観ていないんです。見るべきでした。DVDレンタルしようかなぁ?

 現在、週刊ダイヤモンドで「銀翼のイカロス」を連載中とか。こちらも楽しみだなも。

 ドラマ版の原作となる小説は、図書館に予約中。順次読む予定!

 そういえば、「ロスジェネ」にも例の流行語大賞をとったあのセリフが出てきましたよ。
読みながら、ニンマリとしてしまった。うふふ~。「倍返しだ」(笑)

 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

受験するぞ~! [本]

 うふふふっ、先ごろ私目が、言いましたが、

 「化物語」検定を受験することにしました~[手(チョキ)]イェイ!

 あのね~、何とね~、試験の際には、「こよこよ」こと阿良々木暦のアナウンスが聞けるんだよ~。
もう、それだけで大満足な感じが今からしているわ・た・し[ハートたち(複数ハート)]

 ですから、8月は9月の試験に向けて「化物語」の復習に励みます。
タグ:検定 化物語
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

けっ、検定~っ! [本]

 私目の大好きな、あ、あのシリーズ

そう「物語」シリーズの中の「化物語」検定が行われるぞ~[手(グー)]

 7月30日までが申込み期間で、9月1日(日)試験だ!

 3級は小説「化物語」(上下)からで2級は、小説とアニメ「化物語」からの出題だって……。
う~ん、どうしよう受けようかなぁ~、受験記念品もあるんだって。

悩む……[ちっ(怒った顔)]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

はぁ~、小説を次々、ドラマ化するのは良いんですがぁ~。 [本]

 昨日かなぁ?ネットニュースで
「剛力彩芽・月9主演」と題目だけ見て、あぁ~、良かったね!と思った私。
 私、月9見ない派なんで……

でも、その後、スポーツ新聞を読んだら、びっくり、えぇ~っ、うそ~っ、の連発。←私がね。家族からは、うるさいと叱られました。

だって、あの「ビブリア古書堂の事件帖」のドラマ化なんですよ~、私の好きな小説の、
「ビブリア古書堂…」なんですよ!(すいませんっ、しつこくて……)

 正直申しまして、剛力さん=栞子さんが全然しっくりこないんですけど。
 どこのどなたがキャスティングされたのでしょうか?
どう考えたら
 「あっ、栞子さんは剛力彩芽だな!」って思ったんでしょうか?不思議です。
フジTVって、「謎解きは…」の桜井翔といい、椎名桔平と言い、私は納得出来ません!
 って、どうせ見ないんで良いのですが、よく三上延さんはお許しになられたと思います。
 こうなったら、五浦大輔くんの配役が気になります。せめて、大輔くんぐらいは…と切に願います。

 もう一つ、正直納得がいかないTV化が今日出てきました。
タッキーこと、滝沢秀明君が主演する

「真夜中のパン屋さん」

 これも、違うだろ!って感じが私の中では充満してるんですけど[exclamation×2]

 私の中のクレさんは(タッキーが演じる役ね)、もっと背が高くてヒョロっとした感じ何ですけど、タッキーではかっこよすぎるっていうか、元気はつらつな感じがするんですけど、そうもう少し若くした「阿部ちゃんこと、阿部寛さんな感じが私の中のクレさんなのに[たらーっ(汗)]

 ふ~っ、思うようにはならないよね……わかってます、わかってはいるんだけど納得がいかない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

こんなダース・ヴェイダーはいかが? [本]

 またまた、図書館でこんな可愛い本を見つけました。
早速、借りちゃったよ[本]

 それは、こちら↓


 何かね、内容も可愛いのさぁ[ぴかぴか(新しい)]
 買うなり、借りるなりしてぜひぜひ読んでちょ~!

 ダース・ヴェイダーのパパぶりだったり、ルーク(4才)が、めちゃくちゃ可愛いの。
取敢えずこの本は、今の所1冊しかでていないようですが、今年の6月に初版第1刷が出て、8月の時点で第6刷です。

えっと、辰巳出版さんからでています。
もし、第2弾とかあるなら、ぜひ出版して欲しいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この本知ってました?凄くない? [本]

 

 ↑
この本知ってました? 私は、今日(10/3)図書館で見つけて、即借りました[わーい(嬉しい顔)]

 「バットモービル大全」
バットモービル・オーナーを夢見るすべての人々に捧ぐ!
歴代のバットモービルを紐解く完全ガイド。
 
もう無茶苦茶カッコイ~[ハートたち(複数ハート)]
こんなん、街中走ってたら皆、見ちゃうよね~。

 もう、表紙にノックアウトされた[パンチ]

 これから、じっくり中を見るとしよう……[本]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

本の雑誌 増刊 本屋大賞2012 ② [本]

 昨日(8/15)に引き続き、「本の雑誌 増刊 本屋大賞2012」をお送りします。

 この本には、1次投票の31位以下の作品が全て載っています。
ちなみに、投票者の1位3点、2位2点、3位1.5点となってます。と言うわけで、1.5点を獲得した本が288冊
(ふ~っ、暇人でしょ!数えちゃった…多分あっていると思います) 

 これを1冊1冊、書店員さんたちの推薦の弁を読んで行くのもいいと思います。
読んだ本であれば、共感する部分もあれば、自分とは違った感じ方があったりとそれも又楽しです。
 正直、初めて知ったお名前も多々あり勉強になりました。

 又、今回は特別企画として本屋大賞 翻訳小説部門が実施されました。
 この投票システムも、「もっと売りたい」翻訳小説を3作まであげてもらうという物です。
 では、こちらは1位から3位までを記載します。

 1位 犯罪/フェルディナント・フォン・シーラッハ/酒寄進一訳
 2位 紙の民/サルバドール・プラセンシア/藤井光訳
 3位 忘れられた花園/ケイト・モートン/青木純子訳
 3位 メモリー・ウォール/アンソニー・ドーア/岩本正恵訳

 この翻訳部門の1位のフェルディナント・フォン・シーラッハの「受賞のことば」を読んだときに涙がこぼれてきました。
ぜひ本(本の雑誌 増刊)を、手に取って読んでもらいたいです。
 ある日本人女性について書かれてあり、この賞をその方に捧げると記されています。

 こちらも、4位以下の作品63冊が載っています。ちなみに、この63冊の中に
「月の街 山の街」イ・チョルファン/草なぎ剛訳が入っておりました[ぴかぴか(新しい)]
 いや~っ、びっくりです。嬉しいです。丹精込めて訳したつよポンの努力を認められたようで…(涙)
 あとは、私目も読んで面白かった、「魔女の目覚め」が入っていたのも嬉しかったなぁ!

あとですね、「発掘本」のコーナーがあります。こちらは、古今東西ノンジャンルセレクトの
「絶対名作!これ読んでくれぃ!」の作品がひしめきあっています。

 本が好きなんだけど、なんか面白そうな本がないかなぁ?と思っている人たちには、これはおススメ本です。
各書店員さんたちの推薦文を読むだけで、何となく読んでみたいなぁ~!と思う本が、1冊は出てくるはずです!きっとあると思う…、いやあるんじゃないなかなぁ……

 
タグ: 本屋大賞
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

本の雑誌 増刊 本屋大賞2012 ① [本]

 最近、図書館で借りた本ですが、

本の雑誌 増刊 本屋大賞2012

 確か、私は昨年も本屋大賞2011を借りて読んだ気がする。
御存知の方が多いと思いますが、おさらいをさせて下さい。
 この本屋大賞は、投票を1次、2次の二回おこない、1次では対象書籍から各投票者が、

   「読んで面白かった」  「もっと売りたい」

と思った本を三作選び、順位を付けて推薦理由とともに投票する。
 その結果、得点が多かった上位十作品を2次投票のノミネート作品とし、2次ではその十作品を全て読んだ上で、あらためて十作品の中から三作品を選び、順位をつけて投票する。

 のだそうです。(ちなみに、◎は私が読んだ作品です。)

 大賞 舟を編む/三浦しをん ◎
 2位  ジェノサイド/高野和明
 3位  ピエタ/大島真寿美 ◎
 4位 くちびるに歌を/中田永一 ◎ 
 5位  人質の朗読会/小川洋子
 6位 ユリゴコロ/沼田まほかる
 7位 誰かが足りない/宮下奈都
 8位 ビブリア古書堂の事件手帖/三上延 ◎
 9位  偉大なる、しゅららぼん/万城目学 ◎
 10位 プリズム/百田尚樹

 上記の本で、5冊は読んでいました。確かにおもしろと思った本もあれば、どれとは言いませんが、
その世界観にどうしてもハマレなかった作品もあります。が、半分は読んでいるっていうのは、もしかして
私は、出版社の思惑にまんまと引っ掛かっているのかなぁ?もしくは、本屋の思惑?
 世で売れている感じの本を選んで読んでるし……私の読書の世界は、狭く浅い範囲なのかも?

 ところで、2004年から始まったこの賞ですが、三浦しをんさんは4度目の正直で大賞を受賞。
又、小川洋子さんは、四度目のノミネート、万城目学氏と、百田尚樹氏は3度目のノミネートでした。

 ちなみに、1次投票の4位の「県庁おもてなし課」の有川浩氏がノミネート辞退をされた為に、結果として百田氏の「プリズム」が2次に残りました。

 ただ、1次投票の11位~30位までの本では、(結果は省きますね…すみません)
「謎解きはディナーのあとで2」の1冊のみでした。 作家さんの名前や、書名は聞いたことがあっても、読んだのは本当に1冊だけでした…(笑) ホント、私の読書って浅い…
 
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

Dr.ナグモの若返り方は凄い! [本]

 

 ↑この、本の著者であるDr.ナグモは凄いの一言!

 この本の表紙に、Before,Afterの写真がついています。
その違いには、ビックリします[がく~(落胆した顔)]
 同一人物には思えません。

 現在56歳の先生は、確実にBeforeの写真の37歳の頃より若返ってます。

  この本は、7日間ダイエットの本ですがダイエットをするしないよりも、まずこの本の表紙の写真を見るだけでも、見る価値はある!

 異様に若過ぎるのもどうかと思われるが、とにかく若い[exclamation]
 
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: